スポンサードリンク
b1150.png

b1149.png

会社の売上って4年で4倍になるんですね( ・д・)
本決算の数字に対して特にコメントはありません。
主力事業の伸び悩みが気になりますが。
決算発表を受けて株価は前日比-259円(-22.02%)と急落しました。

ウィルグループは2016年5月に発表した中期経営計画
今期(2020年3月期)売上高1,000億円、営業利益40億円を掲げていました。
それから3年が経ち、業績予想はどう変化したでしょうか。

ついに発表された2020年3月期の予想がこちら
b1151.png

おー営業利益が40億円予想と無理やり乗せてきた感があります(笑)

売上高はすでに前期で達成しており上乗せして達成できそう。
営業利益はIFRS適用で前期までの日本基準に比べ約+7億円の影響が出るとのこと。
ということで、従来基準で考えると25.4億円→33.0億円となり、実質的には前期比+29.9%予想です。
今期の為に前期から先行投資を重ねていたようなので、いけそうな数字ではあります。

今期は1Q発表からドキドキできそうです(笑)

平成31年3月期決算が発表されました。
b1142.png

期初に掲げていた予想はこちら
b1108.png

売上高は上振れして着地。
営業利益は計画通り。
たしか平成30年3月期も同じような感じでした。(売上高上振れ、営業利益的中)
ここの予想精度は高いです(笑)

b1145.png 

四半期毎では最高の売上高を記録しました。
顧客数も伸び悩むどころか、過去最高の増加を記録しています。
MVNO事業は全くもって順調です。
(顧客数+50.1% 売上高+31.8% 営業利益+28.7%)

今期より他セグメントの減益がほぼ無くなりますので、
これからMVNO事業の業績が会社業績へと直結してきます。


来期予想はこちら
b1143.png

顧客満足度向上のためのカスタマーセンター強化等への投資を行うということで、
少し抑え気味の数字になったかな?という印象を受けました。
営業利益の前年比予想+10.4%は前期予想と同じ伸び率…(笑)
投資額次第で、ある程度調整した数字を出すことができそうですね(笑)

四季報の「売上高6,200 営利880」を超える予想は出しました。
通期予想はよっぽどのことがない限り達成できると思うので、
あとはPER的に株価がどこまで評価されるでしょうか…。
15倍は評価されてもいいと思うけど…。

b1141.png

令和初週は少し苦しい始まりとなりました。
なんということはないですけど、気分的には上げてほしかったですね。

5/10にPFからベネフィットジャパングリムス
イオンFSヒノキヤグループエムジーホームの決算が発表されました。

本決算を発表した銘柄からは新たに今期予想の数字が発表されたので、予想EPSの値が書き換わりました。
ということでPERも変化しました。
 ベネフィットジャパン 10.1→8.8
 グリムス 24.1→20.9
 イオンFS 11.1→12.3(11ヵ月決算)
 エムジーホーム 3.1→3.2
銘柄毎の中身については別記事で…。


前に私がPFに加えたいと思っていた銘柄があると言っていたじゃないですか。
-7%近く下落していて、買おうかなーどうしようかなーって言ってたやつ。
あれペッパーフードサービスだったんですよ。
b1144.png 
皆さんもご存じと思います「いきなり!ステーキ」のところですね。

ここも5/10に1Q決算を発表したんですけど、
決算を確認してみると営業利益-76.8%という驚きの数字を出していました(´゚д゚`)

ここは月次の売上高発表があるので、ある程度は予測できます。
その売上高はある程度予測通りの+33.1%と立派な数字ながら、決算という蓋を開けてみてびっくり。
ここまで利益が削れていると思いませんでしたよ。

新規出店費用がかさんだとは言え、今期はこのペースの出店が年中続く予定ですからね…。
中間予想の営業利益+25.2%、通期予想は+44.8%の数字は恐らく未達になるでしょう。
絶望感溢れる今が買い時かもしれませんが、私は伸ばそうとしていた手を引くことにします…。
そろそろ発表される4月月次の数字は良いと思いますけど(´∀`;)



Latest Articles