音楽を全くと言っていいほど聴かない私(車内でもテレビ)ですが、なんと米津玄師を聴くようになりました。
というのも、流行っているから聴くようになったわけではなく、
店で流れている曲が耳に入り、自ら友人に訪ねました。

<あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
 そのすべてを愛してた あなたとともに♪


これ歌ってる人誰?

米津知らんとー?
これLemonけど、めっちゃ流行っとるよー?


帰ってから早速Youtubeで「Lemon」を検索して聴いてみました。
ほうほう、街中によく流れている良い曲ではないか。
あなたへのおすすめに出てくる「打上花火」はどういう曲なんだい?
お、これも映画の宣伝で聴いたことがある!
この「orion」も「LOSER」もどこかで聴いたことあるやつじゃないか!

歌詞を読んだりしたことはありませんが、曲調が嵌るのでしょう。
2年ぶりくらいに私のカーナビに曲が入りました(笑)

調べてみると、日本人の中では有名なYoutuberを超えて圧倒的な再生数のようです。
「Lemon」「打上花火」はすでに2.1億回再生されています。
これってやっぱりお金貰えるんですよね( `・∀・´)

音楽に興味ない私が聴くようになったので、米津玄師すごくない?と思った次第でした。

最近の記事はバックミュージックに米津玄師を流しながら打っています。
さて、↑にも登場した語尾の「よー」「とー」可愛くないですか?
次記事は博多弁です。


コメント

  1. 万蔵 | -

    お疲れ様です。

    自分も音楽にはかなり疎く興味ないほうなのですが、
    色んな所で流れているので段々とYoutuberとかで
    聴くようになりました。

    とても歌詞が良く引き込まれますね。

    ( 11:55 )

  2. ロスキー | -

    万蔵さん

    コメントありがとうございます。

    音楽に興味がない人でも、
    流れているのを聴いた時に心地よく耳に残りますよね。
    母もそうでしたし、意外とこういう人多いのかもしれません。

    ( 12:28 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



Latest Articles