イケア、チェストで死亡した子ども3人の家庭に58億超の賠償金支払いへ
アメリカとカナダのイケアで販売されていた「MALM」シリーズのモデルのチェストで子どもの死亡事故が相次いだ件で、ノースアメリカ・イケアは死亡した3人の子どもの家族に5000万ドル(約58億8,400万円)の賠償金を支払うことを発表した。

一家族ざっと20億円ですか…
交通事故で車に引きずられるより、銃で撃たれるより、海に沈められるより、
家具に挟まれたほうがお金もらえるというのがなんとも…
そういう問題ではないというのは分かっていますが(´・ω・`)

企業からしたらたまったものじゃないですね…(・∀・;)
国柄仕方ないとはいえども…。

こういう場合の企業用の保険ってあるのでしょうか?
こんな損賠賠償が起きてしまったら、会社は大丈夫なのかと心配になりますが、
イケアの2014年通期の純利益が4,450億円とこれまた驚きました:(;゙゚'ω゚'):

中小企業の家具で同じような事故が起こった場合、同じ賠償金になるのでしょうか?

大企業で作られた物や食べ物だけで過ごしていれば、いつか大金が得られる気がします。
少なくとも宝くじより確率は高そうです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles