LINE漫画で闇金ウシジマくんが4巻まで無料で読めると聞き、久しぶりに読み返してました。
カイジやウシジマくんみたいなクズが出てくる漫画を読むと、
こんな人間にならないように気をつけようとより一層強く思います。

1巻でこの業界を表している一言を見つけました。

(闇金の)客の中には同情に値する人間なんて、一人もいねェ。


確かに。
日本人ならほぼ間違いなく当人の責任でしょう。
人生のどこかで捻くれた考えをし、見下し、誤った道に歩んでしまった人間の末路だと思います。



ここで"日本人なら"と言ったのは、映画「予告犯」に私の好きなシーンがあるからです。

フィリピンから父を捜しに日本へやってきた少年がちょっとしたミスをしてしまい、
「オレ…バカだから……」
としょげているところに、映画の主人公が、
「お前はバカじゃないよ。ただ教育を受ける機会がなかっただけだ。」
と励ましたこの一言です。

こいつバカだなぁと思いながら観ていた私は衝撃を受けたのと同時に、
見下していた自分を恥ずかしく思いました。

世界には教育を受けたくても受けられない人がいるのです。



また去年、世界中の人々の心を動かしたこの写真をご存知でしょうか?
b654.jpg
彼は9歳の男の子です。
彼の家には電気代を払う余裕がないため、
歩道にしゃがみ込み、マクドナルドの明かりで勉強をしていたところでした。
もちろん机もないので、ベンチが机代わりです。

画像が有名になり、インタビューを受けた母は、
「息子はとても勉強熱心で意志の強い子です。お金がないので昼食代を渡せなくても、学校には絶対に行くと言います」「いつも私に『ママ、僕は貧しいままでいたくない。夢を実現したい』と言うんです」
と語りました。

勉強できる充実した環境が整っているのに、すぐに疲れたと言ってやめてしまう自分が恥ずかしいです。

みなさんは何を感じましたか?


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles