イオンは来年1月にもスマートフォン(スマホ)で買い物の代金を支払えるサービスを始める。スマホにクレジットカードと連動したアプリを導入し、レジでかざすだけで決済する仕組み。グループ内の全国8000店で利用できる。米アップルの「アップルペイ」などIT(情報技術)企業が先行する形でスマホ決済市場は広がってきたが、小売り大手の参入で普及に弾みがつきそうだ。

傘下のイオンクレジットサービスが開発したアプリ「イオンウォレット」を使う。まずクレジットカードの請求額やイオン銀行の口座の残高確認、
店舗で使えるクーポンの配信に対応。年明けにスマホ決済を利用できるようにする。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC15H0H_W6A011C1MM8000/ より


普通に考えて順調にクレジット決済が増えると思います。
スマホでクレカ払いって今までありましたっけ?
それともこれから増えていく技術なのでしょうか(´・ω・`)

WAONやクレジットカードで払っていたのがスマホ決済になることで、
効果的にクーポンやキャンペーン情報を配信できますし、
顧客の購買データを集めて効率的な販促に繋げるとあります。

これは素直に良いニュースなのに、本日のイオンFS-0.72%と下げています。
買い増しも検討中です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles