私にとって嬉しい出来事が起こりました。
というのも、とある弁当屋が潰れたのです(・∀・)
何故嬉しいのかって?
それは数年前の出来事に遡ります…


その弁当屋は、いつもと違う方向に買い物に出かけたとき帰りに通るのですが、
母が料理を作るのが面倒というときにたまに利用していました。

最後に利用したのが、母が鮭いくら丼を頼んだときです。
今日はちょっと奮発しちゃおっかな~(・∀・)とニコニコしていたのを覚えています。
帰宅し、さぁ弁当を食べようかというときにその出来事は起こりました。



母の頼んだ鮭いくら丼にイクラが入っていなかったのです。鮭のみ。鮭丼です。
レシートを見るとしっかり鮭いくら丼と書かれており、注文ミスでもありません。

私はこれを聞いて怒りました。
前回も似た出来事がありました。
のり弁の海苔の下にいるはずの"やつら"がいなかったのです(,,#゚Д゚)

一度の失敗は誰にでもあります。
この時はムカつきましたが、所詮"やつら"ですし落ち着きました(笑)
しかし、今回のミスは大きいです。
間違えますか?商品の大目玉です。母の小さな喜びを奪ったのです。
しかも二度も連続のミスです。

私は母に言いました。
また?ありえなくない?電話して新しいのを持ってきて貰おうか?(,,#゚Д゚)と。
すると母は、何もしなくていいよ。ただもうあの弁当屋では絶対買わないようにしようね。と私を宥めました。



…その影響か分かりませんが数年経った今、店は潰れました。

母は知っていました。
こういったダラしない店には、不評が流れ、客足が遠のき、売上が落ち、潰れることを。

店にとっては、文句を言われるよりも買われないことのほうがダメージになるのかもしれません。
もしクレームを言えばアドバイスとなり改善され、立て直したかもしれません。
経営者に客足が遠のいているヒントすら与えない消費者からの攻撃です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles