労働安全衛生規則 第五十二条の二(抜粋)
(面接指導の対象となる労働者の要件等)
法第六十六条の八第一項 の厚生労働省令で定める要件は、休憩時間を除き一週間当たり四十時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が一月当たり百時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる者であることとする。

どうも何時の月かの労働時間が基準を超えていたようで、
産業医面談を受けなければいけなくなりました(・∀・;)
100時間だけは超えないように調整していたのに、どこが引っかかったのでしょう?
まだ持ち越してつけれていない時間外もたっぷりあるのに…

残業時間を当月につけずに翌月持ち越すなんて、
私もなかなかの社畜脳だと思いますが、これがブラック企業だとどうなるのでしょう?
持ちこされることなく消されるのでしょうか?(笑)
まず持ち越す時点でブラックに入るのでしょうか?(^ω^;)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles