今月も残業ラッシュで普段より多めの給料が予想されます。
お金が多く貰えることは嬉しいことですが、これは良いことばかりではなく
3月の勤務は4月の給与として振り込まれるので、このままだと社会保険料が上がってしまいます('A`)

意外と知らない人が多い、厚生年金保険料と健康保険料の仕組み…
もちろん個人個人で支払額は違うわけですが、
その支払額は年収で決められているわけではなく、4,5,6月の給与で決められています。

厚生年金や健康保険の保険料は、標準報酬月額で決まりますが、この標準報酬月額は毎年7月1日に、4、5、6月の3カ月間の報酬の平均額を元に決定されます。そして基本的には、4、5、6月の給与で決まった標準報酬月額は、その年の9月から翌年の8月までの1年間利用されることになります(昇給や降給などによって大きく報酬額が変化した場合は、標準報酬月額の改定が行われこともあります)。つまり、3、4、5月などに残業が多くなって4、5、6月の残業代が増えた場合、その後の1年間の厚生年金保険料と健康保険料がアップする可能性が出てくるということです。
4・5・6月の残業代で社会保険料が上がる!?より

閑散期と繁忙期がある方は注意が必要ですね…。
よくよく読んでみると、通勤手当も報酬の中に含まれていることにびっくりしましたΣ(゚Д゚;)

そういえば周りの人が言ってました。
そんなん考えても結局年末調整で返ってくるんやろ?

いいえ、返ってきません。返ってきてるのは所得税です(´ー`)

厚生年金保険料の支払いが多くなることで、将来の年金の受取額は増えるようですが、
自分が定年したときの年金なんて1ミクロも当てになりませんし、
若いうちに貰えるお金のほうが投資に費やせる時間も多く取れて、同じ数値でも価値が全く変わってきます。

これを知ってからというものの、急に今の時期に残業をしたくなくなってきました(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles