普段パッとしない私ですが、
神様も可哀想だと思ったのか、他人より1つや2つ優れているところを持ってます。

ゲーセンに行くとメダルゲームが置いてありますよね。
そのメダルを増やす能力はなかなかのものです。
b455.jpg
10.5万枚保有してます。
ここのゲーセンは私が高校生の頃にオープンし、もうすぐ10年経とうとしているでしょうか。
開店日の2日前に初めて入ったのを覚えています。
招待券を持っている人のみ入れたようですが、ゲートがガバガバで誰でも入れました。

元手は1,000円分のメダルでした。
確率的に、期待値的に負けにくい台のみで勝負を挑み、コツコツ続けた結果がコレです。
一時は11万枚を超えていましたが、あまりにも多すぎる!使い切れない!ということで、
失くすくらいの気持ちで大勝負を挑みますが、大きな変動をしつつこれくらいの枚数に落ち着きます。
なかなか減りません。

なので、もうここ5年は有効期限が過ぎる前に1枚引き出して帰るという作業を続けています。
とても無駄な行動で持っていても仕方ないと分かっていますが、どうしても捨てられません。
遊んでる子どもに分けてあげたいですが違法のようです。

私は高校生の頃は週一でゲーセンに入り浸っていました。
朝一から友人と並び期待値の高い台を一通りプレイし終えた後、
マジカルポピンズというテクニックさえあれば増やせる台で遊んでいました。
プレイする喜びよりも増える喜びが勝ってきてから、なんとなく楽しくなくなってきたんですよね…
これがお金であれば意味があるのでしょうが、増やしても1円にもならないメダルです。


投資を始める前は、
メダルをこれだけ増やせるのだから、株式投資でも同じように増やせるだろ(´・∀・` )
という淡い期待もありましたが、これはとんでもない勘違いでした。
ゲーセンで例えると、貴重なお小遣いの100円をぎゅっと握りしめて来て、
1枚1枚に魂を込めてボタンを強打する小学生のようです。
いや、違いますね。
子供向けゲームで遊んでいるなら可愛いものですが、
大人向けの何百枚使わないとJPC(大当たりのチャンス)にいけないようなゲームを遊んでいるんです。
周りは何千枚というメダルを1プレイで使い、片手間に遊んでいる人ばかりだというのに。
場違いです。世界が違います。
ちゃんと台の仕組み、ルール、設定、期待値の計算、元手相応かを確かめながらプレイしなければ…。
何故それができないのでしょう。勝負の世界が違うとはいえ……分かりません('A`)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles