You play with the cards you're dealt..
(配られたカードで勝負するっきゃないのさ‥)

誰の名言でしょう?
はい。皆さんご存知のスヌーピーです。
私は富裕層に生まれたわけでもなく、ごく普通のサラリーマンへと人生が決まりました。
恐らくこれからも普通の人生を歩んでいくでしょう。
普通普通普通。どちらかといえば日本人平均を下回っているでしょう。
逆転のチャンスはありますが、そこまでする気力はありません(´・ω・`)

配られた手札に文句を言っても何も変わりません。もう決まってるのですから。
自身の手札を活かす人生を歩み…いや、掴み取らねばなりません。


ということで、頭を使って得を掴み取りにいきました。ふるさと納税です。
え?今更?:(;゙゚'ω゚'):という声が聞こえてきそうですね(笑)
いいんです。おそらく私と同年代でしてる人はあまりいないでしょう。
ふるさと納税の"ふ"の字も聞きませんし。
今からコツコツやって、他人と差が出ればいいかなくらいの軽い気持ちで。
しかし、今まで確定申告が面倒でやる気が起きませんでした。
 →2015年4月から条件を満たせば確定申告が免除に
だって、年収低いし大して得はしないだろう…
 →2015年4月から負担上限金の額が約2倍に

ダイヤモンドザイで特集されていたので、知ってはいたんですが
なかなかよし、やろうという気になれず、2015年が終わろうとしている…。
いかんいかん、これはもったいない(`・ω・´)
数十円安いジュースを選ぶ節約をするより、何百倍も節約になるのに(`・ω・´)
はぁ、やれやれと重い腰をあげました。

積み重なっていたザイを読み直し、ネットで調べ、登録、申込み
30分程で済みました。
こんな簡単なのに、何故今までしなかったのだろう(笑)
今年はもう時間もないので、山形県寒河江市の27年産新米60kg「清流寒河江川育ち 山形産はえぬき」
を選択しました。米はいくらあっても困りませんしね。
2016年分は時間もありますし、上限額もきちんと計算して欲しい物を探したいと思ってます。

あと、私はふるさと納税について一つ勘違いをしていました。
実質の負担2,000円というのは、納税をした自治体毎に2,000円払わないといけないと思っていました。
例えば、
A市に10,000円寄附すると、特産品が貰え8,000円の控除がされる
B市に20,000円寄附すると、特産品が貰え18,000円の控除がされる

C市に5,000円寄附すると、特産品が貰え3,000円の控除がされる
そうではなく、複数の自治体を合計して、還付・控除が行われるのですね…。
これはお得ではないか…!

それと、確定申告が免除になるワンストップ特例制度ですが、
>ワンストップの特例申請が適用されて確定申告が不要になるためには、
>あなたから送る申請書が自治体へ2016年1月10日までに到着する必要があります。

とあります。

この申請書がいつ私の元へ届くのか分かりませんが、恐らく間に合うでしょう。(根拠のない自信)
初めてなのでこれからどうなるか分かりませんが、トントン拍子に進んでくれたらなぁ…


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles