地球の自転速度が厳密には一定ではないために起きる「時間のずれ」を調整するための1秒。数年に1度、世界共通の標準時である「協定世界時」の1月1日か7月1日の午前0時直前(日本時間は1日午前9時直前)、世界同時に挿入される。もし実施していなければ、この50年余りで35秒程度のずれが生じた計算。4年ごとの「うるう年」は地球の公転の影響による。
今年7月1日は午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「59分60秒」が挿入される。


へぇー(´・∀・` )
何年か前に聞いたことあるようで、気にしたことがないのか…憶えてない。
時間がズレてるってどうやって判断するんでしょう?
というか、この世で一番正確な元とされる時計はなんなんでしょうね。
なににしても誤差があるのだから、世界基準でどれをどう採用してるのか気になる…笑

この1秒のズレの為にどんなトラブルが起きるのか、また対策にどれだけの費用がかかるのか…
んー100年で約1分しかずれないんでしょ?放置しちゃだめ?:(;゙゚'ω゚'):
それか数年に1回ちょくちょく調整するより、100年に1回ドーンと1分の調整をいれたほうが……
なんて俺が考えても一緒か。
頭が良い人が考えたんだから、今のが最善なんでしょう(´・ω・`)

b324.jpg 

ふと漫画のこのシーンを思い出しました(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles