俺氏は今日の21時、2014年の投資成績を
10月度のストップ高投資法・短期トレードの失敗を理由に-20%へと大幅下方修正すると発表した。(目標+10%)
元々先月時点で-12.69%と低迷していたが、これを挽回しようと積極的に仕手株へと挑んだことが原因とみられる。

また、10月31日に日本銀行が大規模な追加金融緩和を発表した為、
株式市場の安定化故、これ以上の大幅な負けは無いと判断し、今年度結果が現状程度の数字に落ち着くと予測。
持ち株に金融緩和の恩恵を得る銘柄が少ないことから、プラス面での影響も見込めないと予測された。

俺氏は今回の下方修正について、
「屈辱的な負け。だが、負けは蒔け、勝ては糧。
 いつか良い経験だったと思える日がくると願っている。」
とコメントした。

2015年度の投資成績は+10%の見通しで、変わらないとされているが、周囲からは不安の声があがっている。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    Latest Articles