土曜日に原子力平和利用研究会のなんちゃらかんちゃらと、
エネルギー政策と温暖化政策の再検討という講演に出席してきました。

原子力については非常に興味があるので、寝らずに聞いてましたよ(・∀・)
だいぶ前にこのblogでも自分の考えを書きましたが、考え方が同じような人の講演で良かったです(・∀・;)
反原発の意見なんて頭悪すぎて聞いてられないんで(・∀・;)

貰った資料から。
日本の発電電力は大まかに、LNG・石炭・石油等・原子力・水力・新エネ・揚水と分かれます。
新エネとは太陽光だったり、風力だったり。
それぞれパーセンテージは違えど、発電方法を分散して、
ある燃料が輸出されなくなった(泣)原子力が動かせなくなった(泣)等の為にリスク回避をしています。

そして今年はご存じのとおり、原発稼働数は0です。
日本の約10~20%を補っていた原子力が0%へ…ということは、他の発電方法がフル稼働。
古くて今まで停止していた燃料効率が悪い火力発電所もどんどん稼働させています。
足元を見られ高価格で購入した燃料をわんさかと('A`)
1kWhを発電するのにかかる燃料価格は、
原子力1円
石炭4円
LNG13円
石油18円
 です。
でも今のままでお金はかかるけど、電力供給できてるからいいじゃない?
いえいえ、先ほども言ったように発電方法はリスク回避をしなくてはいけません。
今原子力が止まって、日本は包帯を巻いてる状態です。
今後ずっと包帯を巻いてる状態で大丈夫なんですか?治さないとダメでしょう?
何かが起きて、他のある一つの発電方法で供給できなくなったら、電気は絶対に足りません。
負傷中にまた負傷なんてもう絶望的…('A`)
早く健全な状態に戻して、またいつの日かのリスクに備えないといけません。

原発動かせないとなると、電気料金もまだまだ上がります。
今の電気料金は、将来原発が再稼働するであろうという目論見が盛り込まれています。
それプラス電力自由化でますます拍車がかかりますね(^^)
参考として、1998年に電力自由化にしたドイツは1.5倍以上に上昇しています。

また原発停止の影響として、
化石燃料依存率 60%→90%
輸入燃料費 3.6兆円増加
発電コスト 10%上昇
電気料金 20%上昇
実質GDP 0.39~0.60%減少
温室効果ガス排出量 83000万㌧増加

とデータがあります。

まだまだまだまだありますが、長いのでおやすみなさい(笑)

ぽちっとお願いします。


コメント

  1. 福 | -

    為になった!

    ( 21:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



Latest Articles