スポンサードリンク
続きです。
 →今年最後の懺悔
 →懺悔 2/4

打ち明けたその日、Aさんはずっと泣いていました。
一晩中抱き合ったまま寝て、翌朝笑顔でさよならをしました。
もうここに来ることはないのかー
Aさんは涙を流していました。

しかし、その後も連絡はとり続けていました。
当然ですがLINEに熱はなくなりました。
(彼女がいたことを)なんで見抜けんかったちゃろかー?
でも私とおるとき全然スマホ見てなかったもんなー!そこよねー!でも分からんわー!
ほんと私が好きになる人クズ男しかおらん!
私こういうクズ男すぐ分かるようになったはずとになー

と話していたのを覚えています。
私の演技?隠蔽?は完璧だったようです。

そして、もう私からあなたを追いかけることはないけん。
と言われました。
自分で傷つけておきながらショックでした。

一方で、この時の彼女との関係は最悪な状況でした。
私は彼女のちょっとしたことでも気になるようになり、Aさんと比べて文句ばかり言っていましたし、
彼女とも日常的にLINEをしていましたが、友人と飲みに行ってくる・今日は残業と嘘をついて、
Aさんとテレビ電話・会っている間は連絡をとらなくて済むようにしていました。


Aさんは仕事もできますし、栄養学科を出ているため料理は完璧でした。
何も見ず大抵の料理は手早く作っていましたし、あと熟れ感というのでしょうか。
包丁捌きは早いわ、事前にタマネギを電子レンジで弱らせたり、ソースは限られた調味料から作り出したり。
胃袋も掴まれました。

そして私は今まで年下の女性と付き合ったことがなかったんですね。
Aさんは3つ下でした。耐性がありませんでした。
女は愛嬌というじゃないですか。可愛くて愛嬌がいいんですよ。堪りませんでした。
Aさんは客から、仕事が終わるまで待ってていいですか?と出待ちされたり、
1年間働いて4人の人から連絡先の紙を渡されたらしいです。
全て断ったらしいですけど。
SNSで名前を検索されてメッセージを送ってこられたこともあったそうです。怖いですね。

ここまでくると、彼女を振ってAさんにいくしかないじゃないですか。
しかしAさんにも欠点はあったわけです。


ある日一緒にお風呂に入っていると、新しめの傷痕が残る太ももを見せられました。
どうした?どこかにぶつかった?と聞くと、
ううん、自分で刺した。仕事でイライラしてね、我慢できんくなってね。ごめんね、引くよね。と。
辛かったんだね。と宥めましたが、自傷癖がある人に出会ったのは初めてだったので内心引きました。

また、社内の人と不倫をしていました。
車で1時間ほどで会える別の支店の人とです。
私が彼女をいることを告げた次の日の夜、会ってホテルへ行ったそうです。

また、平日の休日に少し遠くへ一人旅に出ていました。
ホテルはとっていないらしく、どこに泊まるの?と聞くと、元彼の家へとのこと。
絶対やるやんと言うと、元彼はそういうことする人ではないとのこと。
一晩たって翌日どうだった?と聞くと、襲われて無理やりされたそうです。
これがトラウマとなり、私が覆いかぶさっただけでも過呼吸を起こし、Hはできなくなっていました。
自業自得だと思いました。1週間くらいで収まってましたけどね。



私は彼女とAさんを天秤にかけました。
長い間悩みましたが、どちらにも傾きませんでした。
私がスパッと決められるのであれば、
彼女がいることを告げる前に、彼女と別れてからAさんと何事もなく付き合ってたでしょうしね。

Aさんに聞きました。まだ俺のこと好き?と。
Aさんは、そりゃそうさ、めっちゃ好きやったさと答えました。
まだどちらも選べるようです。


ここで私はクズ行動を起こします。
彼女には、最近マンネリしてるから距離を置きたい。会うこと・連絡とることをやめたいと伝え、
Aさんには、彼女と別れたから付き合ってほしいと伝えました。合鍵も渡しました。
彼女キープで、Aさん見極め状態という感じでした。

Aさんは私のもとへ戻ってきてくれました。
当時放送されていたドラマ「大恋愛」にあった台詞になぞらえて
「快速特急を降りて砂漠を歩くね」と伝えました。

そこからAさんとは楽しい毎日が続きました。
アパマンスプレー爆発のように衝撃的で爆発的な恋でした。
給与明細も見せ合いましたし、誰にも話したことがない過去のことも全て話しました。
私とAさんは全てが似ていたんです。運命の人だと思いました。

そして、ある日この二股状態で彼女の誕生日を迎えました。
距離を置いている状態とは言っても、誕生日おめでとうくらいは伝えなければいけません。

その誕生日を迎えた0時頃、私はなにをしていたのかというと……Aさんと寝ていました。
Aさんと向かい合った状態で、私の左腕をAさんの枕にしながら
頭の後ろの死角で彼女への誕生日おめでとうLINEを打っていました。
自分で自分の行動に引きました。

このようにクズ行動をとりながらも器用に生活していたわけですが、
ひょんなことからAさんの態度が一変します。

続きます。



Latest Articles