スポンサードリンク
前記事の続きです。
 →今年最後の懺悔

連絡先聞いてくれたとめっちゃ嬉しかったとよー?
私も気になっとったとー!

なんて嬉しいLINEをくれるんです。

Aさんをデートに誘いました。
休みが被りにくい職種同士でしたが、Aさんの休みに合わせて、
私が夜間勤務がある日(9~29時勤務)明け日にデートしました。馬鹿ですね。

家に迎えに行くと可愛らしい恰好をしたAさんが待っていました。
今まで仕事中に何度か会ったことはありましたが、
プライベードで会うのははじめてで、私服のAさんの姿に違和感しか湧きませんでした。
あちらもそうだったと思います。

私はAさんを迎えに行く前に飲み物を買っていましたが、Aさんは持っていませんでした。
しまった、Aさんの分も買っておけばよかったと思いました。
が、私が自分の飲み物を飲む?と勧めました。
間接キスでしたが、躊躇することなく飲んでくれました。
正直この時いけると思いました(笑)

楽しい楽しい夕飯を済ませ、海へ行きました。
駐車場から10分程歩かないと辿り着かない知る人ぞ知る砂浜でした。
砂浜へ向かう途中隣り合って歩いていると体が何度もぶつかりました。
歩くのこんなに難しかったっけ?と考えていましたが、
後から聞くと、手繋いでくれんかな~と思ってくっついて歩いていたそうです。

まんまと私は手をつなぎました。
砂浜に着くと、星空はキラキラで水面には海月が緑の蛍光色に光っており、すごく幻想的な夜景でした。
私に彼女がいなければ間違いなく告白していたと思います。
そして250%成功していたはずです。

ここでもたくさん話して、寒くなってきたのでネットカフェにいきました。
ダーツをしました。
負けたら何か一つ相手の言うことを聞こうね、と決めて勝負をしました。
ハンデをあげましたが3勝1敗で差し引き2勝分の権利を得ました。

負けず嫌いらしいAさんは最後にもう一度勝負を挑んできました。
これで勝ったらチャラね!その分これでもし負けたら少し特別でもいいよ!

燃えました。頑張りました。お互い本気でした。
Aさんの負けず嫌いは相当で、
私の最後の一投を残しブル(真ん中)に入れないと負けという状況になりました。
昔少しやってたとはいえ入るわけがありません。負けたと思いました。
(まぁこのまま負けても面白い展開になったしいっか!勝つのも悪いし!)
とリラックスして投じた一投はブルに入ってしまいました。
私はやってしまったーと思いながら、恐る恐る振り返りAさんを見ました。
Aさんは、このやろーと言って、くしゃっとした笑顔をしてくれました。
恋に落ちました。

ファミリールームに席を移動しました。
そこでテレビを見ながら、先ほどの権利を行使することにしました。
私は手を広げてハグをお願いしました。
Aさんはがっつりハグをしてくれました。
思ったよりも密着していたので、こっそり匂いを嗅ぎました。
Aさんも嗅いでいました。
こういうズルいところまで似てるんだねと笑い合いました。

それから何度もハグを求めました。
えー?私こんな負けたとー?(笑)
負けてません。
でもしてくれました。

最後に特別なお願いを聞いてもらうことにしました。
私はキスをお願いしました。
Aさんは、いいと?と聞き返してきました。
お願いします。と言いこれは一回きり。
すごく柔らかかったです。

お互い会社の人には内緒ね、と約束してこの日はここで解散しました。


ここまで詳しく書きすぎたので省略していきますね(笑)
この二日後にAさんの家に泊まり、行為をしました。
つけませんでした。
翌朝、Aさんが私を指さして、彼氏?と聞かれました。
私はまだ会って2回目だし早いよ、と答えました。苦しかったです。

これから休みが被ることはありませんでしたが、
時間があればお互いの家に泊まりにいきました。
とても濃い時間を過ごしました。

私はなかなか告白しませんでした。
そりゃそうです。彼女がいますから。

しかし、このままではいけないと思い10月頭に彼女がいることを打ち明けました。
ベッドの中で告げたのですがAさんは過呼吸を起こしました。

過去記事(10/11)
 →クズ人間には暴落なんて余裕

すべてが終わったと思いましたね。続きます。



Latest Articles