スポンサードリンク
本日の引け後に株主優待制度の導入に関するお知らせを発表しました。

b1113.png

実質、クオカード500円分ですね。
私も近々株主優待制度を導入する匂いは感じていました。
株主数が少なすぎるので…。
ただ2月13日の3Q発表と同時に発表されると考えていたので、
諦めていたのと同時にこのタイミングは少し驚きましたが。

ベネフィットジャパンは東証一部に鞍替えしたものの、未だに株主数が少ないんですよね('A`)

2017年 9月 株主数:798名
2018年 2月 東証一部指定承認
2018年 3月 株主数:1713名
2018年 9月 株主数:1497名
2019年 2月 株主優待制度導入

・東証1部に指定されるためには2,200名以上の株主が必要
・2,000名未満になると1年の猶予期間を経て、東証2部へ指定替え



自社製品の割引券だけでは優待の効果は出ないですし、
キャッシュが少ない中で、クオカード500円分は最低限の頑張りを見せてくれたと思います(笑)
500円×2,000人=100万円 ですしね。

本日の終値843円で計算すると、配当金8円+優待500円→1.54% です。
利回りだけで見ると旨みは小さいですが、
優待コレクションとして購入する方々もいるはずですので、一定の効果は出ると思います。
さて、優待効果で株主数はどれだけ増えるでしょうかね。

平成31年3月期第3四半期決算が発表されました。
b1107.png

これを受け本日の株価は804円。
前日比-63円(-7.27%)と下落しました。

ここ6営業日で株価が700円→868円まで24%の上昇をしていました。
サプライズがない平穏で順調な決算だったので売られたのでしょうか。
私にとっては何も問題ない好調な決算でしたけどね。

通期予想はこちら
b1108.png

特に先行投資が必要な大きな案件もなく、
このまま通期予想を僅かに上回る値で着地すると思われます。


会社全体の数値
b1109.png


MVNO事業の数値
b1110.png 

MVNO事業は前年同期比で
顧客数+54.2%
売上高+27.5%
営業利益+41.7%
です。
期初から変わらない増加率が続いています。


b1111.png 


MVNO事業がセグメント別利益の86%を占めるようになりました。
来期は「契約加入取次」の減益幅も僅かしかありませんので、
「MVNO」の伸びが来期の決算短信の1ページ目に大きく存在感を示してくれるはずです。

私の勝手な予想ですが、来期の営業利益の増益幅は+20%は堅いのではないかなぁ…と。

三大キャリア値下げの報道が気になるところではありますが、
この成長率とストックビジネスの安定性から、もっと評価されていいはずです(泣)
本日の終値でPER:8.62倍

平成31年3月期第2四半期決算が発表されました
b1072.png


b1071.png

見栄えが良い数字が並びました。

MVNO事業単体で見ると、
顧客数+52.2%
売上高+26.8%
営業利益+57.9%

毎回継続してすごい数字です。
今回の決算は私の予想を超えてくる数字だったので安心しました。

残念だった点を挙げるとするならば、
MVNO事業で展開しているサービスの一つである
ONLY ROBOが期初計画の契約数に届かなかったため、2Qの計画比では利益面が未達になっています。
利用者数を前年同期比+200%の4,400人超という勢いで伸ばしていますが、
これでも届かなかったとは、なかなか強気の予想をしていたようです。

どうも富裕層をターゲットとしたロボットの販売で、利益率が高い商品のようですね。

三大キャリアの値下げのニュースが気になるMVNO業界ですが、
うまいことイベント出店(介護系等)を重ね差別化をしているようです。



Latest Articles